スタイリングポイント


スタイリストコメント

ハイトーンカラーデザイン ダメージにまけない髪本来の強さをプラスしながらイメージ通りのトーンを実現

 

戻る