KIKKO diary

お客様のなりたいを叶えるカウンセリングとそれに応える技術

昨日はお客様のなりたいヘアースタイルを多方面から理解しいかに希望に近づけるか?の研修を行いました。講師はいつも技術とハートが熱くてトークがものすごく楽しい真仁田先生、またスタッフの方も一緒にお手伝いをしてくださいました。では、研修の内容を少しご報告いたします。

【お客様の心理を理解するカウンセリングとは】

・お客様の手のジェスチャーを見逃さない。無意識に気になる箇所に触れている。

手の表情でカットラインを表現している。

「長さや重さ、これ以上短いのは嫌、内巻きに入れたい、など確かに手で表現しますよね。」

・見せたいイメージを理解する。お客様のファッションの傾向を知る。

シンプル、ナチュラル、カジュアル、可愛く見せたい、かっこよく見せたいなどカットラインでそれぞで表現できます。

触診、目で確認する。 骨格の確認、髪の生え癖や毛流の確認、

「カットラインを決めるのに重要なのです。またカット技法も考慮します。似合わせのポイントにも」

・お家でのお手入れ法を理解する。

アレンジをする。乾かすだけ,͡コテを使う,スタイリング剤を使うなど

「髪の長さや重さをスタイリング法によって変えるとホームケアがやりやすくなるのです。」

COCOLOのデザイナーはお客様のたくさんの情報を理解した上で、カット展開図を頭の中に描くことから始まります。そしてお客様の気になる部分が扱いやすくするカット技法を選択します。また、ファッションとのバランスやイメージを理解共有することでなりたいに近づけるように日々勉強を重ねています。

皆お客様の笑顔に出会いたいから真剣でした。